image11.JPG-1
ついに大会最終日!5日間、サムライの試合がない日もスポンサーとして顔を出さないといけない尾島会長は疲れで泣きそうです(笑)結局サムライから残ったのはHai選手のみ。まぁ勝負の世界、しょうがないですね。ここは何としてもHaiに金メダルを取ってもらいましょう。昨晩、夜遅くまで明日の戦い方をまとめてほとんど寝ないで、日中はジムの仕事にてんやわんや。夕方に慌てて試合会場に向かうとHaiが挨拶に・・・あれっ?・・・いつもユニフォーム着ているのに今日は私服着てる・・・まさか?・・・なんとベトナムではよくある相手の棄権です。初戦を除けば1日の試合数100試合以上のうち3分の1くらいは棄権で無くなります。相手が強いとコーチが試合をさせないそうです。ボクサーとして情けないというか、かわいそうというか・・・。あ~ぁ、せっかく気合入れてきたのに。しかし、これで無事に初参加の大会も無事に終了し、サムライボクサーは3人出場し、金メダル1つ、銅メダル2つという結果でした。結果残せた選手とそうでない選手とがいますが、これに挫けず慢心せず、サポートしてくれている人達への感謝を忘れず努力を続けてほしいですね。サムライボクサーはこれからも精一杯夢にむけて努力していきますので皆様応援宜しくお願いいたします。
試合イメージ
準決勝!実はこの時点でサムライから出場している3名は全員、銅メダル以上確定です。3人ともあまり緊張もなく音楽聞きながらリラックスしたり、ごろごろ転がったり・・・。しかしそこはボクサー、ウォーミングアップ始まると目つきが変わりますね。3人とも重量級のため試合が連続してしまうので揃ってウォーミングアップをしました。ある程度、心拍数をあげさせて一汗かいたころにはずいぶん身体も動くようになりました。まずは、一番手、Hai選手。心配していた拳は・・・やっぱりダメで。「いいよ、左手一本で勝とう。できるよ!」と背中を叩いてスタートです。ところがどっこい本当に左手一本で1RTKO勝ち!怪我の功名ですかね?右手が打てない分、しっかりジャブで組み立てて時折強打で相手の頭を跳ね上げる。両手使えると無理に打ちに行ってバランスくずれますからね。何はともあれ決勝進出です。続いて、Huy選手。昨日のデビュー戦が自信になったのか1Rから動きが違いましたね。リズムも取れて柔らかい。ちょっと手数が少ないな、でもクリーンヒットはもらってないし・・・まぁポイントは相手に取られたかな?2R目、セコンドの指示通り手数を増やして攻め立てます。ボディーがきっちり入ってきたのでまずポイントはもらったでしょう。3R目、相手のスタミナは完全になくなりガードして立っているのがやっと、ここはチャンスと連打でKO寸前まで追い込みます!観客も大いに盛り上がりポイントはゲット!試合が終わり判定を待っている間、「よかったね、決勝はもっとジャブからつくりたいな。」などと勝ち前提で話していると・・・・・・・まさかのレフェリーが手を挙げたのは相手の選手。それはないでしょう?いくらベトナムでもそれは・・・。う~ん、ボディーがポイントにならなかったのかなぁ。いや・・・ベトナム判定だな(笑)じゃないと選手が報われない。まぁ気持ちを切り替えて次の選手。Tam選手、彼は実はサムライ所属ではなく今回だけサムライから出場したいとのことで、あんまり練習を見れていないので。試合はというと、Tamはワンツーをすごくキレイに打てる選手で期待は大きかったのですが、相手が上手。まぁキャリアの差ですね。しょうがない。文句なしの判定負け。ということで、決勝進出はHaiのみに。ここまで来たらあと一つ勝ってサムライジムに金メダルを持ってきたいですね!
image3 (1)
サムライジム所属として初の公式戦参加となった今回の大会。まずは初戦である1回戦の結果&短評です。まず先陣を切ったのはHai選手、彼は元ベトナムのチャンピオンであり、さらなる高みを目指してプロのジムであるサムライの門を叩きました。もともとレベルの高い選手ですが身体能力だけで勝ち上がってきた感があったので、これを機に一から学び直させるつもりで指導してきました。思いのほか頭が良く(笑)メキメキと上達し、かなり完成度は高くなってきました。試合直前の練習で拳を痛めるというアクシデントを除けば・・・。1R目、拳をかばいながらもスピードのあるジャブで牽制しピンポイントでクリーンヒットを重ねていきます。まずポイントは取ったでしょう。2Rは少しテンポアップ。ここらで勝負あったかな?相手はペースが乱れ何もできない状態が続きます。3R、もう安心して見ているだけで十分でしたね。さすがの判定勝ちです。続いてはHuy選手。彼はボクシングを初めてまだ半年ほど。最初ジムに来たときはどうしようかというほどセンスがなく・・・。しかし彼の強みは真面目一筋なところ。ジムを休むことなく毎日地味な練習をさぼることなく続けてきた努力型の選手です。1R、余裕たっぷりの相手に対して緊張で硬くなっているHuy。セコンドからの「ジャブ!ジャブ!」の声にようやく反応しリズムを作り始めました。まぁ、相手も余裕の割にはたいしたことなく(笑)徐々にこちらのペースに。2R,3Rとなんともジャッジ泣かせの小競り合い・・・。緊張の判定は、ギリでの勝利。ほんとギリです(泣)。デビュー戦ですからね、良しとしましょう!さぁ、次回は2回戦準決勝です!勢いに乗って連勝しましょう!

ライブラリー

参加しませんか